まるでゴミ 犬を米袋に入れて

旅行に行きたいから…
飽きたから…
新しいペットを飼うから…
ペットが病気になったから…

これは、あるメディアが取り上げた殺処分の取材で飼い主の口から出た生の声です。「いらない」という理由だけで犬を米袋に入れて管理センターへ連れてきた夫婦がいます。

犬を… 米袋に入れて  …です。


ーニュースZERO よりー

センターの職員の話し方が穏やかであるため、
この夫婦は自分のしている「事の重大さ」に気付きもしません。

職員からセンターへ持ち込むことがどういうことなのかを説明され、考え直すことを諭されて渋々引き返そうとする夫へ
「なんで︖なんでダメなの︖」と不快を露わにする妻。

30代〜40代ぐらいでしょうか。
人として社会人として成人した人間のすることとは思えません。

夫婦とは似た者同士。
鬼畜が鬼畜と波動に共鳴して結婚。
類は友を呼ぶことからこの夫婦はまさに「⻤畜夫婦」です。

「しょうがない…」

それまで飼っていたはずのペットを袋に入れる理由は何でしょう。

まるで品物です。ゴミです。

ゴミ扱いだからこそ、胸に抱くことが出来ないのです。

とてもまともな精神状態の人間とは思えません。
同じ赤い血が流れている人間とは思えません。
これらの類の人間が人間として存在することに背筋が凍りつく思いです。

獣医さんに再度意識確認を促されるもこの女は考え直すそぶりも見せず、処分されるかもしれないと知っても「いいです」と言い放ち、心を揺さぶられることもなく最後まで平然としています。

まさに「鬼畜」です。

犬が殺されることになっても平気でいられるようです。

もともと動物を粗末に扱う人間が繰り返す営みの中で、動物を大切にする心が継承されないのは、
当然といえば当然のことなのかもしれません。

獣医さんの悲痛な思いが、殺されていった小さな命の絶叫とともに胸に深く突き刺さります。

穏やかに話す獣医さんですが、胸の内は穏やかではないだろうと思います。

日本の動物への意識改革を求めます。

未来を背負う子供たちに、小さな命の大切さを教えます。

(心臓が)動いている間はちゃんと生きてるんだから

みんなにも最後まで(ペット)を飼ってほしいの

小さくても生きている証である心臓の音を聞かせます。

子供はしっかりと犬の鼓動を聞いて、
まさに「生きていること」を感じ取っています。

どんなに小さな命でも確かな心臓の音が聞こえるのです。
その心臓を故意に止めることは決して許されません。

どんな小さな命でも「生きています︕」

子供たちはみな、聞こえてくる心臓の鼓動をしっかりと受け止めています。

子供たちの方が⻤畜大人よりもはるかにものわかりが良いようです。

しっかりと命の大切さを学んで
すべての動物に愛情を注げる心優しい聡明な大人になってほしい。